NYダウ先物リアルタイム
NYダウの日足チャート
CME日経平均先物リアルタイム
日経平均株価チャート
グローベックスCME先物
日経平均株価のリアルタイム予想
WTI原油先物チャートの見方
株価のゴールデンクロス
騰落レシオと日経平均株価
ボリンジャーバンドの使い方
パラボリックの手法と使い方
MT4のインジケーター
ローソク足の見方とチャート分析
RSIのダイバージェンス
日経225銘柄のチャートについて
ダウ理論とトレンドラインの予想
MACDのパラメーター設定
シカゴ日経平均先物の終値
日経225先物の予想
NYダウ先物の1分足
リアルタイム日経平均株価
MT4のNYダウ先物
ダウ平均株価
CMEのグローベックス先物
ダウ平均株価の推移
NYダウリアルタイムチャート
NYダウの長期チャート
NYダウの騰落レシオ
MT4にNYダウを表示する
日経平均チャートの日足
シカゴ日経平均先物
ボリンジャーバンドの欠点と見方
トレンドを引くMT4のインジケーター
日々公表銘柄の暴騰
ボリンジャーバンド
ドル円
特別気配
増担保規制
リアルタイムチャート





 WTI原油先物チャートの見方
日経平均株価やダウ先物などの株価指数を売買するときに気になるのが、株に影響力をもつ指数です。 金先物やドル円、ユーロ円、世界株価指数、中国株のほかに注目度が高いのがWTI原油先物チャートです。 WTI先物は原油価格を指数にしたものを取引対象としていて、ボラティリティーが上昇すると毎日のようにストップ高やストップ安を繰り返す傾向があるので見方が難しいです。

原油価格が変動する要因としては、ハリケーン(台風)の接近による原油清算施設の稼働停止や戦略石油備蓄の放出観測、さらにはNYMEXの投機筋の動向などが挙げられます。


NYMEXの投機筋は需給を正確に読んでチャートのトレンドや実需の変化などを観測しているので、投機主体は異なっても投資の傾向が似ています。 市場におけるNYMEXの参加者動向は一定の影響力を持っているので、CMEのシカゴ先物のポジションが注目されているのです。 為替相場の売買のように、買いのことをロングポジション、売りをショート・ポジションといいます。


 WTI原油価格の推移をチャートにする
時系列の原油先物データをCMEや他の証券会社などから提供してもらって、チャートを生成するプログラムにデータを書き込み、時系列推移のグラフにします。 さらにMACDやRSIなどリアルタイムチャートで価格の推移を分析するためのテクニカル分析も表示すれば、売買サインを知ることができます。

価格推移には特徴があり、株よりも上値における売り意欲や下値の押し目買い需要に動向が左右されやすいです。


 wti原油先物の時系列データ
時系列データを分析していると、上値が重くなる水準があったり、上抜いた瞬間一気に買いが集まって暴騰する値動きが発見できます。 株は株価が暴落してもリバウンドがあるので、デイトレードでそのアヤ戻しの値幅取りが可能ですが、WTIは一直線に下落するパターンが多いのです。 しかも特に売買材料が無くとも突然急落したり、節目でも何でもない水準でいきなりストップ高するので、株取引よりも速報を注視したり、見方を研究することがポイントになります。