NYダウ先物リアルタイム
NYダウの日足チャート
CME日経平均先物リアルタイム
日経平均株価チャート
グローベックスCME先物
日経平均株価のリアルタイム予想
WTI原油先物チャートの見方
株価のゴールデンクロス
騰落レシオと日経平均株価
ボリンジャーバンドの使い方
パラボリックの手法と使い方
MT4のインジケーター
ローソク足の見方とチャート分析
RSIのダイバージェンス
日経225銘柄のチャートについて
ダウ理論とトレンドラインの予想
MACDのパラメーター設定
シカゴ日経平均先物の終値
日経225先物の予想
NYダウ先物の1分足
リアルタイム日経平均株価
MT4のNYダウ先物
ダウ平均株価
CMEのグローベックス先物
ダウ平均株価の推移
NYダウリアルタイムチャート
NYダウの長期チャート
NYダウの騰落レシオ
MT4にNYダウを表示する
日経平均チャートの日足
シカゴ日経平均先物
ボリンジャーバンドの欠点と見方
トレンドを引くMT4のインジケーター
日々公表銘柄の暴騰
ボリンジャーバンド
ドル円
特別気配
増担保規制
リアルタイムチャート



 NYダウ先物の1分足リアルタイムチャート
グローベックスの先物でデイトレードするなら日中足の中でも特に値動きが読みやすい1分足をオススメします。 1分足のリアルタイムチャートならNYダウCME先物の予測が秒単位でできます。 また、一目均衡表やRSIなどの扱いやすいテクニカル指標を複数同時にウィンドウに設定することができます。

ローソク足や出来高などのデータの反映はリアルタイムでなければ現在値におけるインジケーターの変化が捉えられません。 歩み値では約定した株数をチェックできますので、どの程度大口の約定があったか、あるいは投機筋の売り仕掛けがあったかなどの情報を得ることができます。


ドル円やユーロ円などの外為相場でも板情報や歩み値を見れますが、NYダウ先物の板情報ほど投資の際参考にはなりません。 為替相場は流動性が株式市場と比較して大きいため、流動性が高く、指値で設定してある注文よりも成行の注文の影響が格段に強いのです。 CME日経平均先物の株価も1分足や5分足でのモメンタム解析が有効です。


 ダウ平均の5分足
日本国内の証券会社では円建てのダウ平均先物を売買でき、CMEのグローベックスではドル建ての取引となります。 口座に入金してある投資資金をドルに替えて、その資金を証拠金としてナスダックのフューチャーズをリアルタイムにトレードします。 デイトレードで投資資金を増加させることが難しいと分かったケースでは、スイングトレード専門に切り替えるという対応も考えましょう。


 MT4のリアルタイムチャートで表示する
世界中の投機家から絶賛されている株価チャートの一つであるMT4にCMEの値を表示させましょう。 ストキャスティクスをメインのインジケーターとするケースではスローを設定する方が良いことが多いです。 ボリンジャーバンドの手法はパラメーターの設定と、移動平均乖離率との組み合わせがよく知られています。