CMEのグローベックス先物
ダウ平均株価の推移
NYダウリアルタイムチャート
NYダウの長期チャート
NYダウの騰落レシオ
MT4にNYダウを表示する
日経平均チャートの日足
シカゴ日経平均先物
ボリンジャーバンドの欠点と見方
トレンドを引くMT4のインジケーター
NYダウ先物
NYダウ日足
日経平均先物
日経平均チャート
グローベックス
日経平均株価の予想
WTI原油先物
ゴールデンクロス
騰落レシオ
ボリンジャーバンド
パラボリック
インジケーター
ローソク足
RSI
日経225銘柄
ダウ理論
MACD
シカゴ日経平均先物
日経225先物
1分足
日経平均の推移
MT4
ダウ平均
日々公表銘柄
ボリンジャーバンドの欠点
ドル円相場
特別気配の更新時間
増担保規制と現引き停止
DJIA



 トレンドを引くMT4のインジケーター

パラボリックSARや移動平均線といったテクニカル分析では売買シグナルが遅行することが多く、ホッグ相場ではシグナルの信頼性が低下する特徴があります。 このテクニカル分析の遅効性を回避する簡単な手法は2つあり、一つはリアルタイムチャートのローソク足に直接トレンドを引くという手法です。 もう1つの手法はMT4のインジケーターで表示できるWilliams’ Percent Rangeを使って株価推移に対する高い感応度を活かしたトレードを行うという手法です。



 インジケーターのダイバージェンス

NYダウ30種平均先物のインジケーターでダイバージェンスが発生したら、W%Rなど他のテクニカルでも同じ方向感を指し示しているかどうか確認しましょう。 トレンドラインはMT4のリアルタイムチャートで自動で引く機能がついていますが、自動では引けないトレンドを裁量で作成できる場合があります。 ローソク足のパターンによっては上下のヒゲ部分を無視して実体の部分だけ分析するという見方も有効です。


 MT4のチャートでトレンドを引く

MACDからはダイバージェンスやゴールデンクロスの示現に着目した相場観の判断も可能ですが、ZeroLag MACDと通常のラインとのクロスをシグナルと見なすということもできます。 日経平均株価のグローベックス先物の投資成績では9割の投資家が損失を出しているとされていますが、実際には75%程度の投資家がマイナスで取引を終えているらしいです。 ストキャスティクスはパラメーターや設定値を変更することで見違えるほど優良なサインを出すようになります。