NYダウ先物リアルタイム
NYダウの日足チャート
CME日経平均先物リアルタイム
日経平均株価チャート
グローベックスCME先物
日経平均株価のリアルタイム予想
WTI原油先物チャートの見方
株価のゴールデンクロス
騰落レシオと日経平均株価
ボリンジャーバンドの使い方
パラボリックの手法と使い方
MT4のインジケーター
ローソク足の見方とチャート分析
RSIのダイバージェンス
日経225銘柄のチャートについて
ダウ理論とトレンドラインの予想
MACDのパラメーター設定
シカゴ日経平均先物の終値
日経225先物の予想
NYダウ先物の1分足
リアルタイム日経平均株価
MT4のNYダウ先物
ダウ平均株価
CMEのグローベックス先物
ダウ平均株価の推移
NYダウリアルタイムチャート
NYダウの長期チャート
NYダウの騰落レシオ
MT4にNYダウを表示する
日経平均チャートの日足
シカゴ日経平均先物
ボリンジャーバンドの欠点と見方
トレンドを引くMT4のインジケーター
日々公表銘柄の暴騰
ボリンジャーバンド
ドル円
特別気配
増担保規制
リアルタイムチャート



 MACDのパラメーター設定でシグナルの質が決まる
Moving Average Convergence Divergenceは日本語で移動平均収束拡散法というテクニカル指標で、移動平均線の差を利用したシグナルを発します。 パラメーターというのは、売買シグナルを出すために用いる分析期間などの可変要素のことで、数字を変更すると同じ時系列推移でも異なるシグナルが出るようになっています。 全く同じテクニカル分析で同じ株価パターンを解析しても、パラメーターが一つ違うだけで買い時にも売り時にもなってしまうのです。

ダウ・ジョーンズ先物や日経平均株価などの指数はボラティリティーが小さくなり、先物の出来高が細る時期が必ずあります。 そのような局面で利益を出そうと焦ってしまうと、リアルタイムチャートのインジケーターのサインが出ていないのに、売買する根拠の無いトレードをしてしまうことがあります。


MACDのラインでは移動平均線と同じように短期と長期があり、短期移動平均線が上抜くように交差すればゴールデンクロスといいます。 MT4では人気のあるおすすめのインジケーターでElliott Wave Oscillatorというのがありますが、これは直近7日間程度の高値や安値、さらに出来高も加味した改良ができれば優良なテクニカル指標になります。


 MACDのパラメーター設定とは
MACDのパラメーターを設定するときはMT4のチャートのツールから期間や適応価格という項目の数値を変えることになります。 しかしこの項目に無い設定は、インジケーターのプログラム自体を書き換えなくてはなりません。 一般的なリアルタイムチャートの機能では、当たり前ですが他の投資家も簡単に入手できる普通の売買シグナルしか得られません。


 MACDのパラメーターとシグナルの関係
MACDにはRSIのようにダイバージェンスが示現する確率がある程度あり、ボリンジャーバンドやパラボリック、ローソク足の分析と組み合わせることで絶好の投機タイミングが分かるようになります。 一番利食いしやすくて値幅も大きく取れる時期というのが1年に数回ありますが、これは日経平均225株価の過去の時系列推移を研究すると判断できます。 騰落レシオの推移と株価の値動きを非時系列チャートで分析します。