NYダウ先物リアルタイム
NYダウの日足チャート
CME日経平均先物リアルタイム
日経平均株価チャート
グローベックスCME先物
日経平均株価のリアルタイム予想
WTI原油先物チャートの見方
株価のゴールデンクロス
騰落レシオと日経平均株価
ボリンジャーバンドの使い方
パラボリックの手法と使い方
MT4のインジケーター
ローソク足の見方とチャート分析
RSIのダイバージェンス
日経225銘柄のチャートについて
ダウ理論とトレンドラインの予想
MACDのパラメーター設定
シカゴ日経平均先物の終値
日経225先物の予想
NYダウ先物の1分足
リアルタイム日経平均株価
MT4のNYダウ先物
ダウ平均株価
CMEのグローベックス先物
ダウ平均株価の推移
NYダウリアルタイムチャート
NYダウの長期チャート
NYダウの騰落レシオ
MT4にNYダウを表示する
日経平均チャートの日足
シカゴ日経平均先物
ボリンジャーバンドの欠点と見方
トレンドを引くMT4のインジケーター
日々公表銘柄の暴騰
ボリンジャーバンド
ドル円
特別気配
増担保規制
リアルタイムチャート



 株価のゴールデンクロス
基本的に株式用語でゴールデンクロスやデッドクロスといえば移動平均線のGCのことを表します。 短期移動平均線が長期移動平均線を上抜いてクロスした瞬間に、売買シグナルが示現します。 株の初心者でも買い時が簡単に予想できるテクニカル分析として人気がありますが、実はダマシも多いので、チャートの見方や使い方を十分に身に着けてから分析しましょう。


ゴールデンクロスには使えるものと使えないものの2パターンが存在しています。 有効なクロスは長期線が横ばいになって株価のボラティリティーが低下しているときのシグナルが挙げられます。 さらに長期線とクロスの方向が上向きでNYダウ先物やシカゴCMEの地合いも良好なときは株の買い時であると判断できることが多いです。


 ゴールデンクロスした銘柄を検索する
デッドクロスした銘柄はダウ平均のトレンドが下向きで株式に対してリスクオフの地合いが強まっていれば空売りのチャンスになることがあります。 通常は5日移動平均と25日移動平均の2本をリアルタイムチャートに表示させますが、株によって種類を変化させたり、分析期間の設定を変えたりすることでダマシを回避できるようになります。 デッドクロスの信頼性はボックス相場やもみ合い期間の長さに比例するかたちで上昇する傾向があります。


 移動平均線とMACDのゴールデンクロス
ボックス相場が長く継続したあとにMACDのゴールデンクロスが示現すると、株価が上昇しはじめたら窓開け陽線も期待できるほどの強い上昇トレンドが発生することもあります。 MACDは売買サインがリアルタイムチャートで出ても本当の売買タイミングとはタイムラグが生じるケースもあるため、移動平均線乖離率やストキャスティクスのサインも参考にしましょう。 一つ注意しなければならないことは、株価が暴落してすぐに暴騰し始めるローソク足の組み合わせは、日足でも5分足でも信頼性は低いというポイントです。