NYダウ先物リアルタイム
NYダウの日足チャート
CME日経平均先物リアルタイム
日経平均株価チャート
グローベックスCME先物
日経平均株価のリアルタイム予想
WTI原油先物チャートの見方
株価のゴールデンクロス
騰落レシオと日経平均株価
ボリンジャーバンドの使い方
パラボリックの手法と使い方
MT4のインジケーター
ローソク足の見方とチャート分析
RSIのダイバージェンス
日経225銘柄のチャートについて
ダウ理論とトレンドラインの予想
MACDのパラメーター設定
シカゴ日経平均先物の終値
日経225先物の予想
NYダウ先物の1分足
リアルタイム日経平均株価
MT4のNYダウ先物
ダウ平均株価
CMEのグローベックス先物
ダウ平均株価の推移
NYダウリアルタイムチャート
NYダウの長期チャート
NYダウの騰落レシオ
MT4にNYダウを表示する
日経平均チャートの日足
シカゴ日経平均先物
ボリンジャーバンドの欠点と見方
トレンドを引くMT4のインジケーター
日々公表銘柄の暴騰
ボリンジャーバンド
ドル円
特別気配
増担保規制
リアルタイムチャート





 NYダウの日足リアルタイムチャートです。(3ヶ月分/茶色の線はボリンジャーバンド)



NYダウ工業株30種平均のリアルタイム日足 (MFIによる6ヶ月間の分析)


Dow Jones Averages(DJIA) (1年分の週足をMACDで分析。EMAの設定期間は9日間。)


ダウ平均の週足チャート・3年分のRSI


10年間の株価推移と出来高


1920年代からの値動きです
CME日経平均シカゴ先物やNYダウ先物が急落したときに、リバウンドで買いを入れてもいい場合と、そうでないときがあります。 強い売り材料が発生していることを背景に暴落するわけですが、リアルタイムチャートで過去の水準と比較をしてみましょう。 もし高値圏でもみ合いを継続した後に上値を切り下げているチャートパターンでは、もし下がり始めれば大量の損切りの売りが出ますので、しばらくは売り方優勢になります。 上昇トレンドの途中で下げ始めて、そのまま週足の大きなトレンドになるというチャートのパターンは案外少ないものです。

同じ株価のもみ合いでも、プロの参加者が分析すれば全く異なる意味合いが見出されることがしばしばあります。 底値圏で発生するホッグ相場(横ばい相場)では一段安となればさらに下落して、年初来安値を割り込む展開も想定されます。 高値圏でのボックス相場ではもちろん上抜けば先高観が高まりますが、吹き上げた後に大陰線を形成した場合は売り意欲を確認する展開となります。