CMEのグローベックス先物
ダウ平均株価の推移
NYダウリアルタイムチャート
NYダウの長期チャート
NYダウの騰落レシオ
MT4にNYダウを表示する
日経平均チャートの日足
シカゴ日経平均先物
ボリンジャーバンドの欠点と見方
トレンドを引くMT4のインジケーター
NYダウ先物
NYダウ日足
日経平均先物
日経平均チャート
グローベックス
日経平均株価の予想
WTI原油先物
ゴールデンクロス
騰落レシオ
ボリンジャーバンド
パラボリック
インジケーター
ローソク足
RSI
日経225銘柄
ダウ理論
MACD
シカゴ日経平均先物
日経225先物
1分足
日経平均の推移
MT4
ダウ平均
日々公表銘柄
ボリンジャーバンドの欠点
ドル円相場
特別気配の更新時間
増担保規制と現引き停止
DJIA



 ボリンジャーバンドの欠点を補う見方

標準偏差帯の計算方法は、まず任意の期間の移動平均線をリアルタイムチャートに表示して、その上下に標準偏差をかけたラインを引くという計算をします。 このバンドの価格帯の中にNYダウ先物の株価が収まる確率が非常に高いため、この性質を利用して株価予測を行ったり、株式投機によって利殖を図ります。 ボリンジャーバンドの良い点はテクニカル分析として分かりやすいシグナルを示すという点ですが、もちろん他のテクニカル指標のような欠点も存在しています。



 Bollinger bandsの欠点を把握する

ボリンジャーバンドの欠点とは、標準偏差から示した線の範囲外は統計学的には異常値と見なしてしまうという点になります。 株式相場というのはトレンドラインの傾きが大きくなったり、ボラティリティーが大きくなると統計的に異常値でもその方向へのモメンタムが強まるということが多々あります。 例えばNYダウCME先物やグローベックスの株価もバンドの+2σ以上へのトレンドが頻繁に発生するため、逆張りのシグナルとしてしまうと損切りが多くなる可能性があるのです。


 ボリンジャーバンドの間違った見方とは

ラインの上限を上値抵抗線と見なして空売りを実行したとき、ボリンジャーバンドを間違った見方で見て損失が出てしまってもロスカットを確り実行すれば問題ありません。 テクニカル指標にはどんなときにも正しいといえる見方というのは存在しません。 シグナルの解釈は個人投資家の場合はほぼ裁量になりますし、MT4でアルゴリズム売買を作成するときにも結局設定するのは投資家自身なのです。 正しい見方やチャートにおけるシグナルの欠点とは何かを常に追求することが正しい投資スタンスになります。