NYダウ先物リアルタイム
NYダウの日足チャート
CME日経平均先物リアルタイム
日経平均株価チャート
グローベックスCME先物
日経平均株価のリアルタイム予想
WTI原油先物チャートの見方
株価のゴールデンクロス
騰落レシオと日経平均株価
ボリンジャーバンドの使い方
パラボリックの手法と使い方
MT4のインジケーター
ローソク足の見方とチャート分析
RSIのダイバージェンス
日経225銘柄のチャートについて
ダウ理論とトレンドラインの予想
MACDのパラメーター設定
シカゴ日経平均先物の終値
日経225先物の予想
NYダウ先物の1分足
リアルタイム日経平均株価
MT4のNYダウ先物
ダウ平均株価
CMEのグローベックス先物
ダウ平均株価の推移
NYダウリアルタイムチャート
NYダウの長期チャート
NYダウの騰落レシオ
MT4にNYダウを表示する
日経平均チャートの日足
シカゴ日経平均先物
ボリンジャーバンドの欠点と見方
トレンドを引くMT4のインジケーター
日々公表銘柄の暴騰
ボリンジャーバンド
ドル円
特別気配
増担保規制
リアルタイムチャート





 ボリンジャーバンドの使い方と最適な設定
ボリンジャーバンドは+2σと−2σが売買サインとなる逆張りでよく用いられるテクニカル分析です。 騙しを回避する使い方として最も有名なのは、Bollinger bandsのラインを押すようにして過去の株価が推移しているときに順張りするという投資手法です。


インジケーターを開発した本人のジョン・ボリンジャーも順張りのシグナルとする見方もあると取材に答えたことがあるそうです。 しかし順張りにおける使い方と設定は研究が必要で、ダマシを回避するはずの見方なのに逆にロスカットが多くなるパターンもあるので注意しましょう。 インジケーター自体の設定もポイントになりますが、リアルタイムチャートのローソク足における時間足の設定も最適なパターンを見つけましょう。


 ボリンジャーバンドの欠点とは
ボリンジャーバンドの欠点は移動平均線と標準偏差をもとにした統計の観点から株価を予測しているため、例外的な値動きに対処しづらいという点です。 また、最新のデータやシグナルに対して遅効性を持っているのも欠点になります。 MACDのゴールデンクロスやトレンドラインによる上値抵抗帯の予想などから欠点を補うような見方を身につけましょう。

MT4のリアルタイムチャートではダウ先物や日経225CME先物などのテクニカル指標としてデータを任意の期間だけ前後にずらして表示する機能があります。 この機能を使えば一目均衡表の最新データのように将来的な株価も予想できるうえに、新しい観点から値動きを分析できます。


 ボリンジャーバンドの期間は何日が最適なのか
分析対象とする計算期間は長すぎても短すぎても精度が落ちてしまいますので、それぞれの株価チャートに最初から設定されている期間でまずは使ってみましょう。 バンドウォークを売買シグナルとするときは、エクスパンションが鈍ってきたらすかさず利益確定して、スクイーズしているときは様子見しておきましょう。 ダウ先物の解析で気をつけなければならないのは、スクイーズからエクスパンションに変化する確率が高まった局面で、1日か2日だけ実体の長いローソク足が示現するときです。