NYダウ先物リアルタイム
NYダウの日足チャート
CME日経平均先物リアルタイム
日経平均株価チャート
グローベックスCME先物
日経平均株価のリアルタイム予想
WTI原油先物チャートの見方
株価のゴールデンクロス
騰落レシオと日経平均株価
ボリンジャーバンドの使い方
パラボリックの手法と使い方
MT4のインジケーター
ローソク足の見方とチャート分析
RSIのダイバージェンス
日経225銘柄のチャートについて
ダウ理論とトレンドラインの予想
MACDのパラメーター設定
シカゴ日経平均先物の終値
日経225先物の予想
NYダウ先物の1分足
リアルタイム日経平均株価
MT4のNYダウ先物
ダウ平均株価
CMEのグローベックス先物
ダウ平均株価の推移
NYダウリアルタイムチャート
NYダウの長期チャート
NYダウの騰落レシオ
MT4にNYダウを表示する
日経平均チャートの日足
シカゴ日経平均先物
ボリンジャーバンドの欠点と見方
トレンドを引くMT4のインジケーター
日々公表銘柄の暴騰
ボリンジャーバンド
ドル円
特別気配
増担保規制
リアルタイムチャート





 日経225銘柄のチャートから投資対象を選ぶ
個別銘柄にはトレンドの転換タイミングや値動きにクセがあるため、投資家によっては値幅取りに適している場合もあればロスカット続きになるケースもあります。 普段自分が特に使用しているテクニカル指標を使って日経225銘柄のチャートを全て分析することで、相性の良い株を発見できます。 RSIやMACDのシグナルはダイバージェンスを起こしやすく、一目均衡表は雲との位置関係やモメンタムによる株価予想が可能です。

上値抵抗線やレジスタンスをブレイクアウトしたときに、チャートの窓理論がほとんど効果無い銘柄もあれば、絶好の買い時になるケースが目立つ構成銘柄もあります。 特に内需関連株はCME日経平均先物やナスダックに対するβ値が低くなる傾向があり、指数に振り回されないサヤ取りをしたい投資家は注目です。


指数に対する相関度を表すベータ値は、株価推移との逆行現象をダイバージェンスと見なして売買シグナルとすることもできます。 日経225銘柄の中には配当性向が高くボラティリティーが低いものもありますが、米国株が暴騰したりすると相場水準を急激に変えてくるローソク足のパターンに注意しましょう。


 日経225の構成銘柄一覧から選ぶ
MT4では日経225の構成銘柄における時系列のデータをダウンロードしてEAの作成に役立てたり、オリジナルのインジケーターを設定します。 構成銘柄を一覧にすることで、業種ごとの強弱感や地合いを判断することができるうえに、騰落レシオの過去の推移と比較することで、次に物色されるセクターを予想できます。 循環物色の相場が継続しているうちは、指数先物との騰落率を比較してハイテク株が買われるのか、銀行株が売られるのかを想定してトレードします。


 日経平均株価は225銘柄から成っている
ダウ理論はトレンド分析に長けている理論であり、一般的にはローソク足の日足を解析するときに有効と認識されていますが、スキャルピングの手法にも応用が効きます。 アップトレンドが継続しているうちは買い玉はホールドし、トレンドの高値が前回高値よりも低くなってチャートが崩れていないか等を注視することで、利益額を大きくしましょう。